« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

気になっていた事が現実に・・

もうご存知の方も多いと思うが大阪で唯一スモールボートが出航可能だった泉南の漁港の利用禁止となってしまった。

先般、この話題に触れ心配していたことがこんな形で現実の物となってしまったのは私が思っていた以上に地域の方々は難色を示していたのかもしれない、いまさらながら利用させていただいている我々はもっと謙虚に振舞い無謀と判断されるような行動を慎むべきだったのではないかと感じる、この問題から利用禁止となった場所の周辺漁港や海岸よりボートを出す人間が多くなり更に周囲の反感を買うような事にならないかと思っていた矢先、先日の転覆死亡事故の報告しかも天候の判断が出来る年齢であったにもかかわらず出航して一人が死亡残った一人も重体、なぜ天候が悪い状況でボートを出そうとするのか?疑問に思う、まして3メートルにも満たないボートで海に出ればどうなるかの判断も出来ないのだろうか?波高50センチもあればスモールボートでは航行が困難になるばかりでなくブローチングの可能性も十分考えられるのに・・・いまさらこんな事を言っても他人の言う事を聴かず人事のように思い勝手な行動をとる行為は周囲のことなどまったく考えない自己中心的な行動をとる少数の事故や問題が積もり積もって今回の措置となったと思う。

今現在スモールボートの釣りをしているすべての方々にお願いできるのであればFRPボートやインフレータブルボートにかかわらずスモールボートである以上自分のボートは大きめだから波に強いとかインフレータブルボートは転覆しないという誤った判断を見直して波が出始めればすぐ帰航する、又周囲に同じようなボートが居れば友人知人を問わず「波が出てきたので戻りませんか?」と一声を掛けて港に戻るようにお互いの安全を守ることがスモールボートのゲレンデ存続を維持する上にも必要だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

新しい試み

Dsc02187 ボートキャンプでは釣りだけでなくいろいろな発見や情報交換の場としてもメンバーには刺激を受ける場となっている。

今回もいろいろ話では出てくるスモールボートのロープハンドル仕様のボートを所有するメンバーが中でも目を引いていた、自作でロープハンドルを製作、しかもこのコンソールは格納できてカートップも可能となれば、構造はどうなっているのか?費用はどの程度必要なのか?実際に機能するのか?などさまざまな質問が飛び交う、無論お披露目するには実践向けの装備となっているので機能はもちろんの事、企画立案から構造の研究更にボートの船型及び軽上に合わせた構造、製作過程での苦労話などの体験談を聞くメンバーには興味津々で自分のボートには可能なのか?トレーラーでも対応するのか?などじっくり見ながら研究できるのもボートキャンプならではなのかもしれない、おそらく次回の釣行にはオーナーの個性を活かしたビックリドッキリメカが登場するのだろう、今後もこれらの艤装は注目を浴びる装備だし機能面でも優れた構造なので私自身研究をして今後メンバーが新しい試みをする時の知識として情報収集が私の課題となったのは言うまでも無い。

※写真はメンバーのSEIKUMARUさんの自作ロープハンドル仕様のタートル11rev3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

最近気になる事・・・

先日、久しぶりにスモールボートが出せる某有名漁港に行った時のこと・・・

夜明け前、ボートの準備をしていると漁港内を夜間航行の装備もしていないミニボートが数艇出てゆく姿を見かけた、この行為はもちろんルール違反でしてはいけない事だ、誰よりも早くポイントに行きたいのかこのようなボートが更に数艇漁港を後にする、問題はこれだけでなく出てゆくボートの速度、漁港内を全開に近い速度で走り抜けてゆくボートが多いのにはビックリした、私の周囲にはボートを準備する多くのミニボートのユーザーが居たが曳き波を立てて出てゆく行為に冷ややかな視線で彼らを見ていた。

又港内で海上にボートを降ろしているプレジャーボートの作業者が居るにもかかわらず曳き波を立てて出てゆくボートのために足元をふらつかせているプレジャーボートのオーナーからも怒鳴り声が聞こえていた、その声が聞こえていなかったのか逃げるようにそのミニボートは港を出て行った、漁港内やマリーナでは引き波を立てない速度つまりデットスローで港を通るのは常識だが自己中心的な行動に同じミニボートを準備している私たちも恥ずかしい思いをした、私が見た限りだがそれらのボートは初心者とは思えない装備つまりかなり本格的な艤装が施されたボートが多く見られ、若輩者ではなく善悪は十分判断できる年齢だったようにも見えた。

毎回の釣行で潮の時間を読んだり仕掛けを工夫することで一生懸命なのかもしれないが基本となる常識的な行動が無ければこの漁港の利用もそう長くは無いのかもしれないと感じた、以前港の閉鎖に追いやる原因の一つとして一部の利用者のマナーの悪さを言われるがまさしくこれらの行為は当てはまると言える、私たちも含めてミニボートで釣りを楽しんでいる方々、今一度港やマリーナでのルールを意識して利用すべきではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »