« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月24日 (火)

マイボートの例え話・・・

Papa7_2 私の所有するスモールボートは文字通り小さいボートではあるけど、何処まで快適なボートになるのか?又希望のスタイルに仕上げる事は出来るのか?と言うコンセプトで進化を続けているマイボートは最近仲間内に少なからず影響を与えているようだ。

今までカートップ又はインカーで運搬していたメンバーも少しづつトレーラーの利便性を考えて導入しているメンバーやティラーハンドル操船より安全性を重視したり快適性を考えてハンドル操船に変更するメンバー、又2馬力搭載のボートから免許・検査が必要となるボートへの乗り換え、さらに小さなボートからスモールボートでは最大級クラスのボートへと乗り換えるメンバーまたスモールボートを卒業してプレジャーへ進む方、それぞれの考え方は十人十色で千差万別ただしスモールボートと言うスタートはみな同じ、自分の予算や保管条件更などさまざまな条件の中で楽しんでいるスモールボートの釣りはそれぞれのオーナーの考え方や釣りのスタイルによって進化している、それに従いボートも少しづつ進化しているように思える、この進化は決して悪い事ではないと私は思う、ボートの艤装だって同じ事、竿受けを装備するのも簡単に言えばマイボートの進化だ、最初購入した時のボートはうどんで例えると1杯のかけうどん状態,うどんに代わりはないけれど特徴も個性も無いしかし自分の(予算)アレンジで月見うどんやきつねうどんになったり天ぷらうどんにだって進化できる、その規模や大きさの違いはあるがそれぞれの思いを形に出来る身近な存在となるスモールボートは無限の可能性を持っているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

許可もなく・・・

先日 日本海の某所に行ったときの事だ、その場所は持ち込みのボートを出せない場所であるはずだが、他府県ナンバーの車に搭載されたミニボートが数隻出航していた、地元の話によると他の場所(漁港)からこの場所に流れてきているのだそうで、地元の民宿や旅館に宿泊された方については任意に認めているが、それ以外は地元に許可もなく勝手に利用しているのだそうだ。

以前よりこの場所は私も数回訪れていたが、私の場合も民宿に宿泊をして個人所有(管理)の波止場を事前に許可を取り他の漁船の邪魔をしないように利用させていただいているので漁師から文句や苦情を言われた事は過去一度もないが。

※釣りを主たる目的とせず民宿に宿泊するスキューバーダイビングのお手伝いの為。

※地元漁船に同乗・同行して定置網漁のお手伝いなども行っている為。

許可もなく地元漁師が利用する狭い駐車スペースに部外者の車を堂々と乗り付けている状況を考えれば他県から来るミニボートの利用を拒むのも分かるような気がした、他人の庭に土足で入り込んで来る海のものか山の物か分からない者は迷惑以外何もない、自分達の私服の為だけに乗り込むのは完全なルール違反で許可を得て利用させていただいている方々とは雲泥の差と言える、もしも堂々と使いたいのであれば地元に何がしかの配慮が必要だと思う、特に地元の方々はあまり声高に文句などを言わないので問題が蓄積されればいつか問題が爆発して完全排除となる場合も少なくない、自分達の勝手な言い分は聞いてもらえないと思ったほうが良いし自分たちのノリは地元の方々には理解できないと思うほうがいいだろう、実際に同じ地域にある漁港などでは過去起きた数多くの問題からミニボートの完全排除を行っている、そのため上記に挙げた小さな港に流れてくる部外者の侵入については地元漁師の良心からやむなく容認している様子と伺える。

マイボートで自由に遊びたいのは分かるがそれにはルールやマナーそれ以前に常識があることを忘れてはならない、又地元に溶け込みたいのであればそれ相応の姿勢と時間も必要だ、いずれにしても利用を拒んでいる場所に無理矢理踏み込むのは言語道断なので、自分だけは容認されていると言う勘違いは絶対にしてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

バウパルピット

Nachijpg_025 先日より紹介していたバウパルピット・デザイン、構造とテストを繰り返してやっと装備する事が出来た。

思っていたよりも完成度が高く格好も良い、少しずつではあるが想像しているスタイルに向かって完成されてゆくマイボートはもうミニボートではなくプレジャーボートの域に達しつつあるのではないか?と思うほどになってきた、車のルーフに搭載していた頃が懐かしくさえ思える、このボートは最終的にはトランサム側にも装備を加えてほぼ完成される予定だが費用面や時間の都合も有るのですぐには進めることが出来ないのも現実だ、じっくりと時間と手間をかけて満足の出来るボートに仕上げていきたいと思う。

先日この写真をHPに掲載したところマイボートの販売元となるホープボートに問い合わせをしてきた方が居られたそうだがこの装備はメーカーのオプションではなく個人の完全オリジナルなので絶対にメーカーに問い合わせをしないようにしていただきたい、もしもこの装備についての質問が有る方は私に問い合わせをしていただければ適切なアドバイスをします。Nachijpg_029                                                    

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »